なんだか なんだかなぁ【仮称】:別記事2:全滅事件

なんだかなぁ【仮称】

海水魚の採集・飼育を中心に日常のできごとを綴った、まぁ、テキトーなブログっちゅう事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別記事2:全滅事件

# これは、2012.8.26 の記事「餌付けと飼育について」の補足です。

今から4年前、2008/9 初旬のお話です。
その頃、餌付け水槽は6連部分のみで、7月に立ち上げたばかり。総水量はおよそ 150L です。

餌付け中のチョウは、正確な記録が残っていないんですが、記憶では大体4個くらいの小部屋それぞれに2~3cm のマメチョウが2~3匹ずつ入っていたはずです。(複数の小部屋が余ってました)

種類はナミ、トゲ、フウライ、チョウハン、ツキ、トノあたり、全部で10-12 匹くらいだと思います。

その時の飼育環境(データは問題発生中に測定)

・総水量 150L
・温度 27℃
・NO2 0ppm
・NO3 50ppm
・PH 8.0
・比重 1.020
・濾過槽に還元BOX2個投入


ある日の朝、濾過槽の水位が低下していたので足し水を行い、いつもの磯に採集に出かけました。
帰宅後、それまで順調だったチョウたちが翌日から落ち始め、その後2日間くらいでバタバタと殆どが☆になり、1週間後には完全に全滅です。

酷い匂いがあった訳ではありませんが、特に還元BOXの硫化水素流出を疑って、当時いろいろ飼育相談させて頂いていた海水館というショップに相談したところ、まず最初に

・硫化水素が原因ではないと考える
 -> 多少出ていても全く問題ない
 -> 実験で、わざわざ還元BOX内の硫化水素を全て流出しても生体に影響はなかった
・酸欠か細菌が一番疑われる
・還元BOXは細菌を増やす傾向がある(通常問題ない範囲)


その後のやりとりで餌付け水槽のシステム全体を示したところ

・濾過槽の構造が悪い
   -> 水位で濾材に水がかぶったり、露出したり
   -> ホースの放置も水の流れが変動しやすく問題
・従って足し水がトリガとなって、濾過槽の細菌流出が疑われる


とのご指摘を受けました。

ちなみに上記の「足し水がトリガとなって」のくだりは、先方からの指摘後私が「足し水した」のを思い出して、追加報告し「それがトリガで間違いなさそう」との結論に至ったものです。

〇 当時の私の自作濾過槽
DSC01945s.jpg DSC01945s.jpg 
DSC01943s.jpg DSC01944s.jpg 

〇 頂いたご指摘
Image1.jpg 

要するに「水位変動しても、濾材は常に水没状態とすべき」、「ホース放置は水流が変わりやすく、これも良くない」というものです。とにかく水没したり露出したり、水の流れが変わったりすると、細菌が流出しやすいと。

イヤ、このホース放置については、完全に手抜きでございます。ハイ。シャワーパイプつくるの面倒になって。(^^;
でも、濾過槽水位変動で、濾材が水没や露出と変動する構造は、購入した某有名メーカーの濾過槽をまねたんですけどねぇ ... 。某メーカーさん困ります。

ちなみに上記相談の間に、自分自身でも追試を行っており、最終的な回答と試験の結果が一致して納得できるものだったため、足し水による細菌流出が原因であるとの「推定」に至りました。

追試内容:

(1) 全滅後、飼育水はそのままで、当時 60cm 魚水槽で1年間飼育中のトゲ(5cm 程度)1匹を投入したところ3日で☆に。

(2) 殺菌灯 AquaStep 25W 追加後、1週間程度空運転(飼育水そのまま)

(3) 採集してきたチョウ(何だったか忘れたけど 1-2cm 程度だったはず)数匹投入

-> 2週間以上問題なし

こんなところです。

問題解決が殺菌灯追加によるものなのか、単に日数経過によるものなのか特定は出来ませんが、細菌流出がチョウを落としたのは間違いないと思ってます。これを殺菌灯追加で押さえ込むことができたと。

ちなみに、後日、濾過槽を改善しました。
DSC02346s.jpg DSC02350s.jpg 
わかりにくいですが、以前は 18L ポリタンクの底に穴を空けて、そのまま濾過槽に置いてました。当然、水位が変化するとポリタンク内の水位も変化します。上記はポリタンク部分を幅の広いものと、そうでないものの2重にし、内側にだけ穴を開けてます。こうすれば濾材部分の水位は常に一定です。あと、写真はありませんが、排水ホースを直接置くのは止めてシャワーパイプも設置しました。

ちなみに、この改善は 2009/9 と1年後です。(^^;
その間は殺菌灯だけで大丈夫でした。

なお、後で考えますと、他にも還元BOXを使っていて、しかも同じ構造の濾過槽があったんですが、事故が起きないのは、細菌に弱いチョウチョウウオが居ないことと、あらかじめ殺菌灯が付いていた事なんだと思ってます。

なので、殺菌灯は大事ですよ。
でも、白点菌は簡単には殺せませんからね。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

なべか

Author:なべか
チョウチョウウオの飼育と採集にハマり、一日中海に潜るための体力づくりでジョギングと筋トレに励んでいる、もう55を超えたおやじです

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.1.21~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。