なんだか なんだかなぁ【仮称】:南の島遠征2012 ... 4日目 - 2012.10.14 Sun

なんだかなぁ【仮称】

海水魚の採集・飼育を中心に日常のできごとを綴った、まぁ、テキトーなブログっちゅう事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の島遠征2012 ... 4日目 - 2012.10.14 Sun

4日目

これまでの成果、ちょっと想定外になってます。
採ったのはオニハタ1匹で、先輩に進呈。お持ち帰りは頂き物のフエ1匹。

今日は、ポリプ食チョウチョウウオがたくさんいるポイントです。我が家のハナグロはここの子です。ハナグロ、ヤリカタギに期待して、早速入ってみますが、やはりここも濁りが強いです。でもこのくらいなら問題ありませんので、期待してサンゴの中を探しますが、魚がとても少ないです。

結局、私のターゲットで見かけたのは、巨大ヤリカタギくらい。魚がとても少ないし、他も含め、今年はいったいどうしたんでしょう ... 。

でも、イッテンはたくさん居ましたので、予定外ですが小さめのにターゲットを絞って採れたら持ち帰ることにします。今日最終日ですからね。

でも、やはりサンゴの中にいる子を採るのはとっても苦手。(^^;

DSCN0137s.jpg
動画はこちら(YouTube)

結局30分ほど頑張りましたが、昨年同様軽く遊ばれて断念。すぐそこに居るんですけどねぇ ... 。サンゴをばりばりやれば採れるんですが ... 。(^^;

結局ここでも網を出したのはこれくらいで、魚も少ない事だし、次のポイントへ。

次は新しいポイントです。
入ってみると濁りがかなりきついですが、沖に泳いでみるとかなり澄んできました。

そのまま少しいくと、水深 3~4m の広い場所におおきな岩が点在するダイナミックな地形。大型の魚がたくさんいます。見事なので眺めていると

あれ? あれれ??
フウライじゃ無いし、ニセフウライでもない ... ??

が~ん!!

DSCN0143s.jpg
最後の最後に凄い大物と出くわしました。テングです。

この魚、クラブでは今回同行している大先輩2人だけがゲットされてます。ここは周囲が浅く、水深 3~4m の 25m プール大の広場に大きな岩が点在する比較的追い込みやすい地形。これならうまくいけば私でも採れる! と心臓バクバクです。

ゆっくり追えば必ずどこかで止まると考え、ついていきますが、これが早い早い、しかも止まりません。追いかけるの止めれば直ぐに見失ってしまいそうです。

以下、途中から撮りだした追跡写真の一部。このブログ最大のネタなんで写真、たくさん載せちゃいます。(^^;)
1
DSCN0149s.jpg
2
DSCN0152s.jpg
3
DSCN0153s.jpg
4
DSCN0154s.jpg
5
DSCN0156s.jpg
6
DSCN0159s.jpg
7
DSCN0161s.jpg
8
DSCN0163s.jpg
9
DSCN0164s.jpg
10
DSCN0165s.jpg

ついていかなくてはと必死に頑張りましたが、ついに体力がつきておいていかれ、見失ってしまいました。
写真に残った時間を見ると11分ほど、前後に計7~8分以上写真を撮っていない時間があるはずだからおそらく20分ほど追いかけてます。

すぐに足が攣る自分がよくぞここまで攣らなかったと思います。でも、この大チャンスをものに出来ませんでしたので、技術のなさを痛感してます。たぶん、もう一生みる事はできないでしょうから写真が残っているのがせめてもの慰め…。良かったです。

直ぐに、先輩たちに声をかけて3名体制で30分以上追加捜索しましたが見つからず。自分でもさらに1時間近く捜索しましたがダメ。

闇雲に追いかけてもダメだよと言われましたが、あの場合、どうするんでしょうね? 追い加減とか経験がモノを言うんでしょうねぇ ... 。わたしは絶対止まってくれると思っていたんですけどねぇ ... 。(^^;

まぁ、採れなかったけど、今回の南の島遠征の成果が散々な私にとって、この写真が一番の成果でした。
ちなみに、南の島ではテングは報告例が少ないようです。確かに伊豆では結構報告がありますね。


あと、ここで大先輩がウズマキゲットされてます。これが大変だったようで、技術力では1、2を争う大先輩が2人がかりでやっと仕留めたそうです。

DSC01872s.jpg
ま、この2人にかかっちゃ逃げれられる魚は無いでしょうね。(^^;

あと、私はテング騒ぎで時間がなくて少ししか見られませんでしたが、大きな枝サンゴ群落があり、ポリプ食もたくさんいたそうです。


ホント、散々な今回の南の島遠征でしたが、最後の最後に、テングは見られるは、ウズマキは採れるは、大サンゴ群落はあるわで、特級レベル新ポイントが発見できました。

これだから止められません。来年が楽しみで~す。
スポンサーサイト

Comment

 

遠征お疲れ様でした
こんな日記を読むと南の島に行きたくなってしまいます

テングは伊豆でも希少種ですよ
平均して、年に1度誰かが見つけるくらいです
  • posted by ACE 
  • URL 
  • 2012.10/22 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

南の島いいですね~~

もう数年行ってません…

最近は近場でレアモノ!っと期待していますが、年々魚が減ってくような気がします(^^;)
  • posted by Hon 
  • URL 
  • 2012.10/22 21:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ACE さん、こんばんは。

そうですね。もちろん伊豆でも希少ですが、南の島方面はもっと希少みたいです。
何故か四国以南ではほとんど報告例はないと聞きました。
  • posted by なべか 
  • URL 
  • 2012.10/22 22:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

Hon さん、こんばんは。

何言ってるんですか! Hon さんは地元でいつでも凄くて、行く必要ないですよね?
私、今回、ノコノコ南の島まで出かけてこのように悲惨な状況なのに ... 。ホント、羨ましい。(^^;

でも、遠征は何か楽しいですね。
  • posted by なべか 
  • URL 
  • 2012.10/22 22:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんばんは

南に行けば大概のチョウは増えますが
例外なんでしょうか

海中写真は目線が採集ぽくて良いですね
8枚目が好きです
  • posted by ACE 
  • URL 
  • 2012.10/22 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ACE さん、あはようございます。

きっちりとしたデータを持ってないので何とも言えませんが、供給元がはるか南方のはずなのに、何故か南西諸島では見られない種だと聞きました。

興味を持ったんでこれを機に調べて見ます。

写真はわたしも8枚目がベストショットだと思います。ホントになかなか横を向いてくれませんせんでした。写真を撮った時はほとんど水面でなく少し潜って撮ってますが、この時は確か「もっと近くへ」と 2m くらいは潜ったはずです。横向きが撮れて、ホットした覚えがあります。
  • posted by なべか 
  • URL 
  • 2012.10/23 07:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【南の島遠征2012 .】

4日目これまでの成果、ちょっと想定外になってます。採ったのはオニハタ1匹で、先輩に進呈。お持ち帰り

ご案内

プロフィール

なべか

Author:なべか
チョウチョウウオの飼育と採集にハマり、一日中海に潜るための体力づくりでジョギングと筋トレに励んでいる、もう55を超えたおやじです

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.1.21~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。