なんだか なんだかなぁ【仮称】:別記事4:ここ3年くらいの餌付け・飼育の状況

なんだかなぁ【仮称】

海水魚の採集・飼育を中心に日常のできごとを綴った、まぁ、テキトーなブログっちゅう事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別記事4:ここ3年くらいの餌付け・飼育の状況

 # 既に忘れたころの投稿になりますが、一応これは、2012.8.26 の記事「餌付けと飼育について」の補足です。データの集計に手間取りまして今頃投稿してます。(^^;

さて、ここ3年くらいで、わたしが関わったチョウチョウウオの餌付け成功率や継続飼育した結果などについて考察してみます。大雑把に100匹くらいかと思いましたが、3年で区切って集計してみると62匹でした。

なので、その総数62匹に対し、項目に示しましたような割合を調べると以下のような感じでした。

項目
割合
備考
お食事開始率
60
96.8%
  
粒エサ餌付率
60
96.8%
  
半年飼育率
48
77.4%
飼育率は里子を含むので参考
1年飼育率
39
62.9%
飼育率は里子を含むので参考
2年飼育率
22
35.5%
飼育率は里子を含むので参考
3年飼育率
2
3.2%
飼育率は里子を含むので参考

まず、餌付き率はかなり高く、また一旦なんらかのエサを食べてくれれば、100%粒エサに移行できています。

あと、チョウチョウウオはかなり個体差が大きいともいえます。理由は以下です。

ポリプ食であるミスジ、ウミヅキでも人工エサ100%の練り餌から食べてくれる固体が結構います。逆に雑食だと思われるナミやゴマでもアサリから始めないと食べてくれない固体も結構います。さらに、みなさんが「難しい」と言われる、ハナグロやミスジを私は現在粒エサで飼育出来ています。ですから、個体差というものがかなりあるように思えます。

それから餌の種類ですが、私はアサリが最強だと考えます。それ以外は今のところ特に必要性を感じておりません。というのも、アサリや人工餌を食べてくれなかった魚としてゴマ2匹を経験してますが、この2匹に、ブライン、コペポーダ、たらこ、エビなどを与えてみても一切食べてくれませんでした。なので、私は、アサリがダメで他ならOKという事を経験しておりません。

話がそれますが、私はこの「ゴマ」がくせものだと思っています。唯一ゴマ2匹が得付けられなかったものですから、3匹目を慎重に餌付け、これも結構苦労して粒まで移行したんですが、3ヶ月くらいで落ちてしまいました。ちなみに最初の2匹も最初の1~2日は人工餌をつついてくれていましたが、その後アサリだろうか何だろうがダメになったので、私はゴマの多くはきっと気が弱く、神経質ないんじゃないかと思います。現在飼育できている人は、私のハナグロのようにラッキーなんじゃないかと。(^^;

で、話を元に戻して、餌付け・飼育のために準備する餌はアサリと人工餌があれば十分じゃないかと思います。この2種類で私は97%くらい餌付けられてますし、人工餌100%だけで、ポリプ食のミスジを3年、ヤスジを2年(こいつは時々アサリを欲しますが ...)、ハナグロを1年、ウミヅキを1年などという感じで長期飼育も出来てますので、栄養内容としてもたぶん大丈夫じゃないかと。


という事で私の現時点の認識では

・餌はアサリと人工餌で十分
・餌付くか、餌付かないかは飼育環境依存
   - 落ち着く(気になる他魚が少ない、隠れ家がある)
   - 水がきれい(魚水槽としては NO3 低め)
   - 水温が高め
   - 比重が薄め
   - 水槽が小さく餌しか目にはいらない

という感じです。これで餌付け→長期飼育OKです。もちろん異論もあるでしょうが、私のここ3年のデータはこうとも言っているぞという事です。全てに当てはまるわけでもないでしょうし、参考までにという事で。

ちなみに以下に集計したデータを示します。

採集場所
チョウチョウ
ウオの名称
開始
粒エサ
半年
1年
2年
3年
 
備考
2009
7
南紀
ニセ
×
 
 
 
 
2009
7
南紀
ニセ
×
 
 
 
 
2009
7
南紀
スミツキ
×
 
 
 
 
2009
7
南紀
フウライ
×
 
 
 
2009
7
南紀
トゲ
×
 
 
 
 
2009
7
南紀
トノサマ
×
 
 
 
 
2009
8
南紀
アミ
 
現役
2009
8
南紀
トノサマ
×
 
 
 
 
2009
8
南紀
トノサマ
×
 
 
 
2009
8
南紀
トノサマ
×
 
 
 
2009
8
南紀
トノサマ
×
 
 
 
2009
10
南の島
ミスジ
 
現役
2009
10
南の島
セグロ
-
 
里子
2009
10
南の島
セグロ
×
 
 
 
2009
10
南の島
セグロ
×
 
 
 
2009
10
南の島
ゴマ
 
 
 
 
 
 
2009
10
南の島
ゴマ
 
 
 
 
 
 
2009
10
南の島
ニセ
×
 
 
 
2009
10
南の島
ミナミハタ
-
 
里子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010
南紀
トノサマ
-
 
里子
2010
南紀
トノサマ
-
 
里子
2010
南紀
スミツキ
×
 
 
 
 
2010
9
地元の磯
セグロ
 
 
現役
2010
9
地元の磯
フウライ
-
 
里子
2010
9
地元の磯
フウライ
-
 
里子
2010
9
地元の磯
ナミ
×
 
 
2010
9
地元の磯
トゲ
-
 
里子
2010
9
地元の磯
チョウハン
-
 
里子
2010
9
地元の磯
アケボノ
-
 
里子
2010
9
地元の磯
アケボノ
-
 
里子
2010
9
地元の磯
ハタタテ
-
 
里子
2010
10
南の島
ミナミハタ
 
 
現役
2010
10
南の島
ミナミハタ
-
 
里子
2010
10
南の島
カガミ
-
 
里子
2010
10
南の島
カガミ
 
 
現役
2010
10
南の島
ミゾレ
-
 
里子
2010
10
南の島
ミゾレ
-
 
里子
2010
10
南の島
ヤスジ
 
 
現役
2010
10
南の島
ウミヅキ
×
 
 
 
 
2010
10
南の島
スダレ
 
 
現役
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2011
7
地元の磯
ナミ
×
 
 
 
2011
7
地元の磯
ナミ
×
 
 
2011
8
南紀
スミツキ
×
 
 
2011
8
南紀
スミツキ
×
 
 
2011
8
南紀
トノサマ
-
 
 
里子
2011
8
南紀
トノサマ
-
 
 
里子
2011
8
南紀
トノサマ
 
 
 
現役
2011
8
南紀
トノサマ
 
 
 
現役
2011
8
南紀
ニセ
×
 
 
 
 
2011
8
南紀
ニセ
 
 
 
現役
2011
8
南紀
ヤリカタギ
×
 
 
 
2011
10
南の島
ウミヅキ
 
 
 
現役
2011
10
南の島
オニハタ
 
 
 
現役
2011
10
南の島
ハナグロ
 
 
 
現役
2011
10
南の島
ミスジ
×
 
 
2011
10
南の島
スミツキ
 
 
 
現役
2011
10
南の島
スミツキ
 
 
 
現役
2011
10
南の島
イッテン
 
 
 
現役
2011
10
南の島
ゴマ
×
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012
6
購入
アミメ
 
 
 
 
 
現役
2012
10
南の島
フエ
 
 
 
 
 
現役
2012
10
南の島
イッテン
 
 
 
 
 
現役
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
合計
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2009
 
 
 
 
 
 
19
 
 
 
2010
 
 
 
 
 
 
21
 
 
 
2011
 
 
 
 
 
 
19
 
 
 
2012
 
 
 
 
 
 
3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
総計
62
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
割合
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26
41.9%
 
 
 
里子
 
 
 
 
 
 
17
27.4%
 
 
 
現役
 
 
 
 
 
 
19
30.6%
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
種類別数
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1
ナミ
 
 
 
 
 
 
3
 
 
2
トゲ
 
 
 
 
 
 
2
 
 
3
フウライ
 
 
 
 
 
 
3
 
 
4
チョウハン
 
 
 
 
 
 
1
 
 
5
アケボノ
 
 
 
 
 
 
2
 
 
6
セグロ
 
 
 
 
 
 
4
 
 
7
ニセ
 
 
 
 
 
 
5
 
 
8
アミ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
9
カガミ
 
 
 
 
 
 
2
 
 
10
ミゾレ
 
 
 
 
 
 
2
 
 
11
ゴマ
 
 
 
 
 
 
3
 
 
12
イッテン
 
 
 
 
 
 
2
 
 
13
スダレ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
14
アミメ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
15
フエ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
16
ハタタテ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
17
ミナミハタ
 
 
 
 
 
 
3
 
 
18
オニハタ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
19
トノサマ
 
 
 
 
 
 
11
 
 
20
スミツキ
 
 
 
 
 
 
6
 
 
21
ヤリカタギ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
22
ウミヅキ
 
 
 
 
 
 
2
 
 
23
ミスジ
 
 
 
 
 
 
2
 
 
24
ヤスジ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
25
ハナグロ
 
 
 
 
 
 
1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
総計
62

以上、私の餌付け、飼育に関する考察でした。
スポンサーサイト

Comment

 

素晴らしいデータですね、そこまで管理されてるとは驚きです。

アサリが最強、同感ですね、餌付いた後の食い込みもアサリからの方がいいと感じています。

水質、落ち着ける環境、水温高め、比重低め等々、すべて一致しました。

比重低めはかなり効果ありますよね(^^)
  • posted by Hon 
  • URL 
  • 2012.11/11 06:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

Hon さん、こんにちは

ありがとうございます。同じお考えの方が居てくださるととっても心強いです。(^O^)/
次は濾過槽改善したいんで、その際は Hon さんのデータを参考にさせて頂きま~す。m(_O_)m
  • posted by なべか 
  • URL 
  • 2012.11/11 12:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

記録がきちんと残っていると、いろいろ参考になりますね
根拠があると説得力もあるし
個体差を考えると、数を集めればもっと傾向がよくわかりそうです

ゴマは、何故でしょうね
たまたま運の悪い個体が連続したのか。。。
ハナグロ1年飼育の方がだいぶ難しそうです
  • posted by ACE 
  • URL 
  • 2012.11/11 22:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

データはバラバラでまとまって無かったんでちょっと苦労してしまいました。とりあえずこれでまとまりました。
# 残された写真からデータを拾ったのもありましたし。(^^;

ゴマは皆さんに特に難しいことないと言われます。でも、私の経験ではねぇ ... 。(^^;
今年も飼ってみたかったんですが、縁がありませんでした。
  • posted by なべか 
  • URL 
  • 2012.11/12 07:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

なべか

Author:なべか
チョウチョウウオの飼育と採集にハマり、一日中海に潜るための体力づくりでジョギングと筋トレに励んでいる、もう55を超えたおやじです

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.1.21~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。