なんだか なんだかなぁ【仮称】:南の島遠征2013 ... 6~7日目(最終日) - 2013.10.6 Sun ~ 7 Mon

なんだかなぁ【仮称】

海水魚の採集・飼育を中心に日常のできごとを綴った、まぁ、テキトーなブログっちゅう事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南の島遠征2013 ... 6~7日目(最終日) - 2013.10.6 Sun ~ 7 Mon

6日目は採集の最終日。2日目に行った場所のうち、とても美味しい場所が酷い濁りで確認できていないので、満潮/干潮の時間帯をズラしたらどうかという事でもう一度行ってみる事にしました。台風の影響で風が強いですが風の方角から大丈夫のはずです。

6日目

今日は2手に分かれる事としました。私と一人の先輩はその濁りの強かったポイントへ。するとどうでしょう。2日目にほとんど何も見えなかった所がとても良く見えます。まず入ってすぐの浅いところからセグロが出迎えてくれます。でも、そこから先はほとんど満潮に近い事もあって結構深いですね。3m くらいでしょうか。
DSCN0720s.jpg 
よく見えるのでじっくり見て回りますけど、そこは台風の強風。泳ぐ方向によってはシュノーケルに酷く水が入り、2回ほど水を飲まされ、一度はウェイトを捨てようかというくらいのピンチでした。ゲホッゲホッという感じ。そんな訳でできるだけ沖に出ず、風の方向にも注意して泳ぎます。

それにしてもすごい数のセグロです。おそらく100匹はいるような気がします。こんな数のセグロを見たのは初めて。ここ凄いです!! 私の好きなウミヅキもいたるところにいます。しばらく見て回っていると、
DSCN0725s.jpg DSCN0732s.jpg 
スダレがいるではありませんか! 私、スダレ見たの初めてです!!

でも場所は、私としては絶望的 (^^; なサンゴの林の中。一応トライしますが、やっぱダメですね。見失ってしまいました。代わりに近くにいたウミヅキを採ってみることにします。
 -> ちなみにこのスダレ、後で先輩がゲットした様子。何でこれが採れるのかなぁ ... 。

何とか小さ目のサンゴの塊に追い込んだところで、先輩と遭遇。聞けばちょっと先のもっと簡単なところにウミヅキがたくさんいるそうです。早速行ってみると確かに簡単そう。先輩と別れてものの2~3分でウミヅキをゲット出来ました。

しか~し、採ったはいいけど「あれ?あれ?」いくら探しても腰にあるはずのケータイイケスがありません。仕方がないので岸まで行って、水中メガネに水を張って浸しながら結構遠くの車まで戻り、生簀に移して一安心。ケータイイケスもちゃんと車にありましたので、どうやら落としたんじゃなく、最初からつけていなかったみたい。(^^;

これでたぶん30分くらいロスしてしまったと思います。一応二手に別れた先輩とお昼には合流する予定ですので、ここは、あと1時間くらいしかありません。しかしこんなに美味しいところをミスミス捨てる訳には行きませんので、一緒にいる先輩と相談して「夕方までいる」と伝えに行く事にします。ちなみに、この相談しているとき、先輩はちょうどチビヤスジを見つけたみたい。
DSCN0734s.jpg 
この林の中に小さいのが3匹いるそうです。

こんなサンゴ林の中のターゲットをどのように仕留めるのか見たいところではありましたが、私は車に戻り、もう一人の先輩がいるところまで行って「夕方までいる」事を伝えてきました。1時間くらいロスして戻ると、そこはさっきとは別世界!2日前の酷い濁りの再現です。これは信じられません!

先輩に話を聞くとあのヤスジがいたポイントで別れてから、ものの15分もするとみるみる濁ってきたそうです。それでも先輩はサンゴ林の中の3匹のチビヤスジを2匹までゲットしたそうです。3匹目はもう濁りで完全にアウトだったみたい。

どうやらここ、時間制限ポイントみたい。満潮からある程度の時間を過ぎると急速に酷い濁りになるようです。風が強くて澄んでいる沖方面にも出られないし、岸近くは酷く濁ってきたし、結局ここは諦めて予定どおりお昼ごろもう一人の先輩のもとへ移動しました。

で、そこは2日目にハナグロがサンゴ林にいたポイントなので、今回の遠征は成果にも余裕がある事だし、サンゴ林の追い出し方をレクチャーして頂く事にします。ハナグロポイントに行ってビデオ撮影の準備。ハナグロくん、今日もちゃんと居てくれてます。でも、先輩が網を準備しているわずかな時間に、サンゴ林の向こうにス~っと入り込んだと思ったら、それっきりもう二度と姿を現す事はありませんでした。せっかくの機会だったのに残念!


・6日目に私が見かけた魚
ナミ、トゲ、フウライ、チョウハン、アケボノ、セグロ、ミナハタ、スミツキ、ウミズキ、アミ、ミスジ、ヤスジ、ヤリ、ハナグロなど

・その他、後で聞いた魚
なし

・6日目に私がゲットした魚
ウミヅキ

・6日目の私の生簀への追加は
スダレ(頂きもの ... どうやら私が採れなかったヤツ)、ウミヅキ
DSC03601s.jpg 

7日目

今日は最終日。魚をパックして持ち帰ります。私 Max 5匹の予定が大きな魚だけでも、ウミヅキ②、スダレ②、ヤリ、ハナグロ、ツノハタ、テングカワハギ、アブラヤッコと9匹もいます。予定数大幅オーバーで持ってきたクーラーBOXには入り切りませんで、デイパックに酸素パックした袋を2袋そのまま詰め込みました。(^^;

それにしても意志の弱い事。9匹は多すぎですけど、今回は、また欲しい魚がたくさん採れたという事もあります。(^^;
そんな訳で長い旅を終え、我が家に着いて淡水浴直後の魚たちです。今回もすべての魚が無事到着です。
DSC03775s.jpg 
ウミヅキ②、スダレ②、ヤリ、ハナグロ、ツノハタ、テングカワハギ、アブラヤッコ、キイロサンゴハゼ④、名前知らないハゼ、シリキルリスズメの合計15匹。動画はこちら

すべての魚の無事が確認できたこの瞬間が至福のひと時です。 (^^;

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

なべか

Author:なべか
チョウチョウウオの飼育と採集にハマり、一日中海に潜るための体力づくりでジョギングと筋トレに励んでいる、もう55を超えたおやじです

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.1.21~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。