なんだか なんだかなぁ【仮称】:練り餌づくり

なんだかなぁ【仮称】

海水魚の採集・飼育を中心に日常のできごとを綴った、まぁ、テキトーなブログっちゅう事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練り餌づくり

練り餌を作成しました。
こんな感じで作ってます。

エサ1s

ベースにしているのはピュアというエサ。そのほかにテトラフレークと、メガバイトSのレッドとグリーンです。
配合する比率は適当ですが、大体

・ピュア2
・テトラフレーク1
・メガバイトレッド1
・メガバイトグリーン1

という感じで、スリコギとスリバチでガリガリしたあと、少し水を加えてよく練って団子にします。
ちょうど粘土くらいの固さかな。

一度に作る数は、

エサ2s

200個弱といったところですかね。
消費量で適当に調整します。

今回の私の場合は、ヤスジとミスジがそれぞれ1日2個ずつ消費してくれますので、200個で50日分ですね。

作成したら冷凍庫に入れ、与える際に取り出して人肌で暖めるくらいでそのまま与えます。あまりたくさん作りおきしても、何ヶ月も経過すると少し変質してくるみたいですよ。乾いた感じになっておいしそうじゃなくなりますもん。

ちなみに貝1個に塗りつける量は結構少なめで

エサ拡大s

丸めると直径5mmくらいですね。
これは、早く食べきらせて水槽が汚れないようにしているのが主な理由です。

ほとんどのチョウは、落ち着いた環境さえあれば、アサリやアサリを混ぜた練り餌を使わなくてもこれだけで粒エサに餌付いてくれます。

今だに粒エサを食べないミスジでさえも、最初からこのエサを食べてくれました。でも、アサリから始めないとダメなチョウもいますよ。固体による差もあるし。

私の少ない経験ではヤスジ、スミツキ、ウミヅキが、アサリ丸ごとからでないとダメでした。
さすがポリプ食。

でも、ポリプ食でもトノサマダイは簡単に餌付きますよ。ポリプ食と言っても雑食気味のようです。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

なべか

Author:なべか
チョウチョウウオの飼育と採集にハマり、一日中海に潜るための体力づくりでジョギングと筋トレに励んでいる、もう55を超えたおやじです

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.1.21~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。