なんだか なんだかなぁ【仮称】:Kayano17

なんだかなぁ【仮称】

海水魚の採集・飼育を中心に日常のできごとを綴った、まぁ、テキトーなブログっちゅう事です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kayano17

ジョギングシューズのお話です。

私はジョギングで足首の関節を痛めやすいようです。
3年前に始めたころ、距離も回数もあまり走っていないにも関わらず、2年間で4度も足首の関節を痛めました。右足だったり、左足だったり、踵側の関節、甲側の関節といった感じ。普通ヒザを痛めるって言いますが、私の場合足首です。
その度に治るまで2~3週間かかってました。

で、ジョギングの距離や回数を増やしたのと合わせて昨年の1月、「足に優しいらしいから、ちょっと奮発して専用ジョギングシューズとやらを買ってみるか」と手を出したのが asics GEL-Kayano17 です。これ、たかがジョギングシューズなのに1万2千円もしたんですよー。(定価は1万5千円くらいかな)
DSC00443s.jpg  DSC00445s.jpg  DSC00448es.jpg 

ちなみに、他のメーカなど結構かっこいいデザインがあるのに Kayano17 は色もデザインもきらいでした。特に紐を結ぶ部分が本体の中央になく、思い切り内側に寄っている(3つ目の写真参照)のが不恰好でキライ。
 -> ちなみに asics のうたい文句では、この、内側に寄せた靴紐の結び部分の位置が大事なんだそうですよ。

その他の特徴としては、つま先と踵に柔らかなジェルが封入してあり、さらに土踏まずの部分がプラスティックでカチッっと固めてある(2つ目の写真参照)のが特徴ですかね。なお kayano という名前が??という感じですが、初代から設計されていたのが「萱野さん」というこだわりの職人?さんみたいです。

いろいろ迷ったんですが、結局、ネットで一番定評がありそうな Kayano17 に落ち着きました。

結果、1年間使ってみて一度も足首痛めてません。購入前よりジョギングの距離や回数が増えているにも関わらずです。お金をかければそれなりの効果も得られる「場合がある」という事でしょうかね。

ちなみにこのシューズ、購入する際にためしに履いてみた感じは「これで柔らかいの??」という印象でしたが、ネットの評判を信じて、思い切って買っちゃいました。第一印象だけでは良さがわからないものもあるという事の典型ですかね。

最後に感想を。

あまり柔らかな印象がない Kayano17 でしたが、早く走ると衝撃が吸収されている事が実感できます。通常、スピードを上げて歩幅が大きくなると着地の際の衝撃も増えてくるんですが、それがゆっくりの時とあまり変わらないという感じです。あと、土踏まずのプラスティックのせいでカチッとしているので、足の運びや着地方法を思い切り補正されている感じがします。なのでちょっと走りにくい感じもするんですが、結果これが足を痛めにくいんだと思います。

私の場合、専用のジョギングシューズが必需品になりました。
メーカーの思う壺といったところでしょうか (^^;

以上

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

なべか

Author:なべか
チョウチョウウオの飼育と採集にハマり、一日中海に潜るための体力づくりでジョギングと筋トレに励んでいる、もう55を超えたおやじです

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2012.1.21~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。